今とは違う部活・サークルに入るとしたら、やってみたいものは?

カテゴリー

今とは違う部活・サークルに入るとしたら、やってみたいものは? 

 今年度進学をしたという人は、もう部活やサークルに入って、しばらく経った頃かと思います。新入生を迎え入れる方の立場の人は、2年目、あるいは3年目の先輩ですね。普通は、参加する部活動は1つだけという場合がほとんどだと思いますが、もしかして、あの時違う部を選んでいたら......と考えたことがある人も多いのではないでしょうか?
 そこで、『今とは違う部活・サークルで、やってみたいものは?』と聞いてみた結果を上位5位までを発表。また、その違う部活をやってみたいと思った理由も合わせてご紹介します。
 

 『今とは違う部活・サークルで、やってみたいものは?』ランキング!
 第1位/ダンス部...51人(14.5%)
 第2位/軽音部...22人(6.3%)
 第2位/テニス部...22人(6.3%)
 第4位/サッカー・フットサル部...16人(4.6%)
 第5位/バスケ部...14人(4%)
 第6位/バドミントン部...11人(3.1%)
 第7位/バトン部...9人(2.6%)
 ※とくになし...72人(20.5%)
 ※その他...134人(38.2%)
 
 

 
 第1位/ダンス部...51人(14.5%)
 第1位は、『ダンス部』でした! 51人の人が答えてくれていて、全体の14.5%という結果です。
 やってみたい理由としては、「ダンスが踊れたらかっこいいから(高校/高専1年)」「踊れてかっこいい!(高校/高専3年)」のように、ダンスを踊っている姿がかっこいいからというもの。また、「応援団でダンスを踊っていて踊りたいと思ったから(中学3年)」と、過去に他の人のダンスを見て興味を持っている人や、「小さい頃から興味があったから。(高校/高専3年)」「小さい頃からずっとあこがれていたから(高校/高専2年)」と、小さい頃からの憧れがあるという人もいました。特に好きなダンスグループがいたりする場合は、余計に憧れてしまいますよね!

 
 第2位/軽音部...22人(6.3%)
 第2位は『軽音部』でした! 次の『テニス部』と同じ、22人の人が答えてくれています。
 「ボーカルに憧れる(高校/高専1年)」「かっこいいから(高校/高専1年)」と、見た目のカッコよさも理由にあがっていますが、「その部活に入っているこが楽しそうだから(高校/高専2年)」と、友達が楽しそうにやっているからという人もいます。
 また、「学校が遠いから部活できないけど入るなら興味あるからしてみたい!(高校/高専1年)」と、通学の都合で部活に入れないけれど、もしやるなら軽音部がいいと思っている人も。大学進学後など、別の機会に叶うといいですね!
 

 第2位/テニス部...22人(6.3%)
 続いて、同じく第2位の『テニス部』です。
 理由としては、「ユニフォームが可愛いから(高校/高専1年)」「楽しそうだから(高校/高専3年)」「ウエストがくびれるらしいから(笑)(大学1年)」と、かなり自由なイメージ(笑)があるようです。でも、ユニフォームは実際可愛いですし、スポーツとしても魅力的で楽しめそうですよね。ウェストがくびれるか......、は努力次第かも?
 

 第4位/サッカー・フットサル部...16人(4.6%)
 第4位は『サッカー・フットサル部』でした! 16人の人が答えてくれています。
 「なでしこJAPANがかっこよかったから(その他)」のように、最近の女子サッカーの活躍で興味を持ったという人が多いようです。今、文化系の部活の人でも、テレビを見ていると「体動かすのもありかなーって思って...(高校/高専1年)」という気持ちになることも。他には、マネージャーとして入部する場合もありますね。
 

 第5位/バスケ部...14人(4%)
 第5位は、14人の人が答えてくれた『バスケ部』でした!
 「バスケが好きだから(高校/高専2年)」「カッコいいから!(高校/高専3年)」というストレートな意見が多め。「小学校でやっていたから(大学3年)」と、過去にやっていたので再開してみたいという人もいました。大学生だったらきっとサークルになるかと思いますが、バスケ好きな友達が一気に増えて楽しそうです。
 

 部活動に全力投球ができるのも、高校時代ならでは。一度入ってしまうとなかなか辞めづらかったりして、卒業までずっと続けるという人が多いでしょう。もし挫けそうになったら、全然別の部活の練習を覗いてみたり、休日に趣味として新しいことにチャレンジしてみるのも、気分転換になってよいかもしれませんね。
 

 以上、『今とは違う部活・サークルで、やってみたいものは?』アンケートでした!
 

 (回答数351人 マイナビティーンズ編集部調べ/2015年4月実施)


 本記事は「マイナビティーンズ」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。